7つの間違ったダイエット悪習慣

今回のテーマは。

『痩せたいならやめよう!「夜の7つの悪習慣」チェック!』です。

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

慌ただしい1日が終り、自宅で寝る前のリラックスした時間、気付かずにしてしまっている、ダイエットには良くない悪習慣があるかもしれません。

あなたは大丈夫ですか?
早速チェックしていきましょう!

寝る前にスマホ・テレビを見ている

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

テレビ・パソコン・スマホなど、あなたの周りには、画面からブルーライトを発し、交感神経を活発にしてしまうものがあるでしょう。

これが良質な睡眠の妨げになってしまうんです。

自宅でリラックスしていて、ついついそれらの画面を見てネットサーフィンや動画視聴などをしていませんか?

それらは早めに済ませ、就寝する1~2時間前にはブルーライトを発する画面から離れ、読書・音楽鑑賞・マッサージ・軽いストレッチなど、落ち着いた時間を過ごしてから布団に入りましょう。

夜更かしをしてしまう

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

夜更かしをしてしまうと小腹が空いて、寝る前に何かを食べてしまったりしませんか?

この習慣がダイエットにいいとは到底思えません。

夜更かしをすれば、睡眠時間も不足してしまいます。

人間のカラダは寝ている間に、昼間の活動で使った内臓や筋肉などを修復するためカロリーが使われます。

翌朝にはカラダの疲れをとり、内臓や筋肉を修復するためにも夜更かしは避け、6時間以上は寝る時間を確保してください。

タオルでカラダを洗っている

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

ボディータオルでゴシゴシカラダを洗うと汚れは綺麗にとれます。

しかし、カラダの汚れと一緒に、お肌を痛めてしまっている場合も多いのです。

そこでタオルの代わりに手を使って洗うと、お肌に優しいだけでなく、ご自身のボディーラインの変化に敏感になります。

ほぼ毎日自分のボディーラインに触れることで、気になった部分を鏡で確かめるようになり、それが全身のチェックにもなります。

手で洗えば、マッサージ効果や血行促進ににもつながるので、実践してみてはいかがでしょうか。

口呼吸で寝ている

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

寝ている時に口呼吸している人は、口から毒素が入り込み、それがタンとなって肺に溜まってしまう場合があります。

タンがつまらなければ呼吸はスムーズですし、酸素がカラダ中に行き渡るので代謝アップにもつながります。

お相撲さんには口呼吸で寝ている人が非常に多く、無呼吸症候群という危険な状態の力士もいます。

彼らは医療用の専門器具を付けなければ、ぐっすり眠ることができない状態になっています。

極端な例ではありますが、寝ている時の呼吸は非常に大事なので、不安な方は専門の医師に相談してみて下さい。

夏場にビールを飲み過ぎてしまう

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

お酒が好きな方、夏はビールが美味しい季節ですよね。

ビール自体のカロリーや糖質量は大したことがなくても、毎晩の晩酌で飲みすぎていては、ダイエット効果が得られにくくなってしまいます。

  • 普通のビール1缶(350ml)のカロリー = 140kcal~170kcal
  • 糖質ゼロのビール1缶(350ml・発泡酒・第三のビール)のカロリー = 66.5kcal~84kcal
    ※100ml当たりに含まれる糖質が0.5g未満の場合、「糖質ゼロ」と表記が可能になります。

糖質ゼロ表記のビールは、普通のビールに比べてアルコールも控えめなので飲みやすく、グイグイと飲みたくなります。

食欲も増し、どうしても脂っこい、塩分の多い、濃い味のものを食べたくなります。

飲み過ぎてはダイエット効果も低くなってしまうので、アルコールはストレスにならない程度の適量にとどめ、忘れず食べるものにも気を配ってください。

シャワーだけで湯船に浸からない

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

ついついシャワーで手軽に入浴を済ませがちになります。

湯船にじっくり浸かるとカラダを芯から温めるだけでなく、代謝もよくなり脂肪が燃えやすいカラダになります。

代謝がよくなるのはいいのですが、就寝前の長湯は目が冴えてしまい睡眠の妨げになることもあります。

長湯はせず、入浴前に水分補給をして、心臓に負担を掛けないためにも15分~20分以内には湯船から出ましょう。

入浴後はタオルで背中をしっかり拭くことも忘れないでください。

カラダの中でも大きな割合を占める背中が濡れたままだと、折角温めたカラダが冷えてしまい、風邪の原因にもなりかねません。

お菓子やアイスを毎晩食べている

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

ストレスや寝不足により、脂肪を分解してくれるホルモンが減ることにより、脳が糖分を必要とするため甘いものが食べたくなることがあります。

あるいは、夜甘いものを食べることが習慣になって、それをしなければ寝ることができないという方もいます。

  • 1日頑張った自分へのご褒美
  • 安かったから
  • 新商品が気になって

理由は様々あると思われますが、先にお話したアルコールと同じで、ダイエット効果が下がることは間違いない習慣になります。

糖質ゼロのものを選ぶ、ナッツ類・果物など、自然のものに置き換えるなどの工夫をしましょう。

7つの間違ったダイエット悪習慣のまとめ

自宅でしてしまってない?7つのダイエット悪習慣

『痩せたいならやめよう!「夜の7つの悪習慣」チェック!』

  1. 寝る前にスマホ・テレビを見ている
  2. 夜更かしをしてしまう
  3. タオルでカラダを洗っている
  4. 口呼吸で寝ている
  5. 夏場にビールを飲み過ぎてしまう
  6. シャワーだけで湯船に浸からない
  7. お菓子やアイスを毎晩食べている

いかがだったでしょう、チェックが幾つ入りましたか?

チェックが多い方は改善できるように努力しましょう!努力することで正しいダイエットができます!

痩せたいあなたを本気でサポート!

「ラボハンシン」の 人気No.1 ダイエットサプリ
「カーボリミット」
楽天市場カテゴリーランキングNo.1獲得!
人気のダイエットサプリ 「 カーボリミット 」

「2週間糖質制限専用」ダイエットサプリ
ギムネマ成分で 「ダイエット食の天敵」 = 「糖質」 を壊す



☑ダイエット中でも食事を楽しみたい!
☑子育て・家事・仕事が忙しくてジムに行く時間がない!
☑定期的に運動するなんて面倒くさい!
☑短期間でポッコリお腹とオサラバしたい!
☑食事制限は辛くて続かない!

そのような方は、下記のページで詳細情報を☑チェックしてみてください。

■:ダイエットの強い味方「カーボリミット」は「ラボハンシン」の各店舗にて販売中!

ラボハンシン楽天市場店 (詳細情報を店舗で確認してみる)
ラボハンシンAmazon店 (詳細情報を店舗で確認してみる)
ラボハンシンYahoo!ショッピング店 (詳細情報を店舗で確認してみる)

■:ラボハンシン社長の「糖質制限14日間ダイエットチャレンジ」実践記

カーボリミット_糖質制限_10日目
(画像は10日目迄の実践状態。結果が知りたい方は「最終回の記事へ」

ダイエットサプリメント「カーボリミット」を販売している
「ラボハンシン」笹倉社長によるダイエット実践記です。

「カーボリミット」を飲みながらの嘘偽り無し
ガチのダイエット実践記ブログになります。

食べたものや数値の経緯なども「画像付き」で詳しく掲載しております。

お時間がありましたら是非、ご覧ください。

(「糖質制限14日間ダイエット」各ブログ記事へ)
■:第1回◆社長が実践【検証画像あり】“カーボリミット” 糖質制限14日チャレンジ開始!1日目から3日目まで
■:第2回◆社長が実践【検証画像あり】“カーボリミット” 糖質制限14日チャレンジ開始!4日目から7日目まで
■:第3回 ◆社長が実践【検証画像あり】“カーボリミット” 糖質制限14日チャレンジ開始!10日目まで
■:最終回(第4回) ◆社長が実践【検証画像あり】“カーボリミット” 糖質制限14日チャレンジ!最終日目(11日目~14日目)まで
■:「14日糖質制限ダイエット」の裏話こっそり教えます (笑)
■:★⭐︎感謝1周年⭐︎★CarboLimit = 糖質制限ダイエットサプリ14日ダイエット【まとめ】