糖質制限食で痩せるための冷蔵庫3ルール

 

 

糖質制限ダイエットをしていくなかで、生活環境と言うものは非常に大事になってきます。

 

糖質制限ダイエットで最も大事なのが、低糖質な食事を摂り続けること。そのため糖質制限食を保存しておくのに、冷蔵庫は欠かせません。

 

糖質制限ダイエットを成功させるための痩せる冷蔵庫とは、いったいどのようなものなのかをピックアップしていきます。

 

冷蔵庫内を整理整頓 ルール1

 

 

あなたの冷蔵庫は、整理整頓されていますでしょうか。

 

整理整頓された冷蔵庫には、糖質制限ダイエットをする上で沢山のメリットがあります。

 

  • 何が何処にあるのか一目でわかる
  • 食材の賞味期限切れを防ぐ
  • 必要なものが直ぐに取り出せる
  • ドアを開けておく時間の短縮で電気代の節約

 

糖質制限ダイエットには、食事の改善が不可欠になることはおわかりだと思います。

 

低糖質の食材を仕入れても、調理する時に必要な食材が冷蔵庫の何処にあるのかわからないと、糖質制限食を用意する気がぞがれてしまいます。

 

やる気をキープするためにも、冷蔵庫内は常に整理整頓しておきましょう。その際、冷蔵庫を整理整頓するには、百均などのグッツを活用し、気楽に始めてみてください。

 

糖質制限食材の定位置を決めておく ルール2

 

 

冷蔵庫を整理整頓する時に、食材の定位置を決めて置くと冷蔵庫内を整理しやすくなります。

 

  • 野菜室には、野菜以外は入れない。
  • たんぱく質(肉・魚・卵)、野菜、調味料、発酵食品、果物、その他、などで分類してみる。
  • おやつコーナーを設ける。(低糖質なもの)

 

このように、あなたのライフスタイル、家族構成、食習慣、生活習慣を見直しながら、食材の冷蔵庫内での定位置やルールを決めて下さい。

 

食材の定位置を決めておくことで、何が足りないのかが直ぐにわかり、低糖質食品の買い出しをする際、何を買うべきか迷わなくなります。

 

スーパーに行っても余計なものを買うことが減り、滞在時間の短縮にもなります。

 

まとめ買い、余分な買い置きをしない ルール3

 

 

スーパーの特売などで食材をまとめ買いしても、結局使い切れず余らせ、食べないまま処分するなどという経験がありませんか。

 

食材は必要なものだけを買い揃え、余分な買い置きはしないようにしましょう。

 

そのために買い物前にリストを作り、無駄買いを防止してください。

 

冷蔵庫内が食材で一杯になっていると、電気代もかかり経済的にもよくありませんので、スペースに余裕のある範囲で活用していきます。

 

まめに買い物に行けない忙しい方は、食材を人数分毎日宅配してくれるサービスなどもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

毎日食材を買いに行く手間も省け、余る食材も殆ど出ません。なので冷蔵庫の中はいつもスッキリした状態をキープすることができます。

 

冷蔵庫の中を整理する事で、ご自身の生活習慣、食習慣などを振り返る事になり、糖質制限ダイエットの効率を上げるためにも、是非実践してみてください。

 

糖質制限食で痩せるための冷蔵庫3ルールまとめ

 

 

毎日開く冷蔵庫ですが、少しの工夫と意識で、使い勝手がよくなり、糖質制限ダイエットには欠かすことのできない、糖質制限食を準備するのが苦にならなくなります。

 

糖質制限ダイエットでは、糖質の低い肉、魚、卵、などのたんぱく質を多く食べることになり、生物の食材が痛まないよう保存するためにも、冷蔵庫の整理整頓はおすすめです。

 

お部屋とともに、冷蔵庫の整理もして、糖質制限ダイエットを気持ちよく、効率的に続けていきましょう。