炭水化物とは糖質と食物繊維が一緒になった食物のことを言います。

炭水化物=糖質+食物繊維

今日もここでお話しさせていただくのは糖質の話です。

糖質には沢山の種類があります。

・果糖(フルクトース)
・麦芽糖(マルトース)
・乳糖(ラクトース)
・トレハロース
・キシリトール (糖アルコール)

中でも最も体に危険なものが ブドウ糖

ブドウ糖=グルコース

糖質の塊

糖尿病とは血中にある “ブドウ糖” の量を数値化したもので
正常な方であれば空腹時に 60mg〜110mg / dl で
空腹時にこれより少なくなったり多くなったりしていると
血糖値コントロールができていないということで
糖尿病が疑われます。

食後血糖値が急激に上がることを
グルコーススパイクと言います。
このグルコーススパイクが起こると血管の内皮を傷つけてしまいます。

そもそも人間は炭水化物を食べる動物ではなかった

そもそも人間は雑食でありますが
ブドウ糖を分解する酵素を持ち合わせておらず
ブドウ糖の含まれない木の実や魚やその他動物の肉を食べて生きているものでした。

それが人類が農耕を始めることによってブドウ糖を摂取するようになり
様々な生活習慣病を引き起こすまでになったと言われております。

砂糖はブドウ糖?

糖質制限 GI値 糖尿病 ダイエット 血糖値

砂糖はショ糖と言われており
一見、 ブドウ糖とは別物のように扱われていますが
アミラーゼによって、 砂糖 (ショ糖) はブドウ糖と果糖に分解されます。

ブドウ糖は膵臓から分泌される “インスリン” というホルモンによって
エネルギーとして消費され
二酸化炭素と水になります。

ところが、 エネルギー消費されなかったものは
全て中性脂肪になって蓄積されていくのです。

この状態が肥満、 メタボリックシンドロームです。
メタボ

ブドウ糖の良いところは
この蓄積されることろで
上にも書いたように

『いつ食べ物にありつけるかわからない』 狩猟時代だったり
『戦後間もなく』 食糧難の時代だったりであれば

この蓄積されるエネルギーはとても有効的だったと覆います。

しかし、 食べ物があふれて
しかも糖質の多い物が周りにいっぱいある現代ではどうでしょう?

肥満やメタボの人が溢れかえっている

これを読んでいるあなたもかもしれませんが
周りを見渡してください。

明らかにメタボな人や肥満に近い人はすぐに目につくはずです。
(今、 スタバでポテチ食ってますが、メタボに近いのは僕だけでしたww)

もう現代社会はブドウ糖をエネルギーとして溜め込む必要はなく
たまりすぎたブドウ糖を消費する必要がある人が概ねになっているので
フィットネスジムに通う人が増えているわけです。

クロスフィット リーボック Reebok Aya crossfit 中村アン 道端アンジェリカ

必要以上にたくさん食べるから
必要以上にたくさん動かないといけなくなるのです。

ブドウ糖の摂取さへ避ければ肥満もメタボも無縁です!

それに、 糖質の摂取は糖尿病や肥満、 メタボの危険にさらされるだけではないのです。

人類の歴史上、癌も糖尿病も心筋梗塞も患うようになったのは
農耕が始まって以来のことです。

kome 米 ご飯 ごはん 糖質 ダイエット

この歴史を鑑みると
概ねの生活習慣病の原因は糖質である。という研究が進んで行っています。

もちろん寿命が延びて行っていることを考えると
この説もまた違うのかもしれませんが
糖質だけが肥満、 メタボ、 糖尿病につながっているということだけは間違いありません。

「カーボリミット」糖質制限ダイエットサプリ

ダイエット中でも「糖質」を気にせず食事を楽しみたい方に!
ラボハンシンの人気商品「カーボリミット」糖質制限ダイエットサプリをおすすめします!